スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追憶のハイウェイ61/ボブ・ディラン

何だか、年が明けてしまっていますが…。
このブログに来ていただいている皆様、
昨年中はありがとうございました。今年もよろしくお願い致します。

という訳で、本年度1枚目のつぶやきは、このブログ初登場、大御所ボブ・ディランです。

といっても、ここまでキャリアが長くて偉大なミュージシャンとなると、つまむ程度にしか聴いていない者が、そのキャリアやアルバム詳細についてどうのこうの言うのはおこがましく思ってしまいますね。

が、個人的には、やはりまずこのアルバムでした。

追憶のハイウェイ61」(Highway 61 Revisited

追憶のハイウェイ611965年発表の歴史的名盤ですね。

ディランがギターをエレクトリック・ギターに持ち替えて、賛否両論を巻き起こし、ロックとの融合とか、フォーク・ロックの先鞭をつけたとか、歴史的にも大きな分岐点になったアルバムなんでしょうね。

「ライク・ア・ローリング・ストーン」はほんとに名曲ですよね。

個人的には何と言っても、メンバーにアル・クーパーとマイク・ブルームフィールドの名前がありますからねぇ。
正直にいうと、フォーク関連は高校生の頃はほとんど聴いていなかったので、どちらかというと当時良く聴いていた、ブルース・ロック系から非常に興味があったといっても良いかもしれません。

「トゥームストーン・ブルース」等で、マイク・ブルームフィールドのギターとか結構効いてますよね。

ただ、アルバム中唯一のアコースティックによる、最後の曲「廃墟の街」も何だか気になりました(長い曲ですが)。
アコースティックのボブ・ディランもちゃんと聴きたくなりました。

この時代に、実際にディランを聴いていて、このような状況に出会っていたら、いったいどのように感じたんだろうかと想像してしまいます。
もの凄い衝撃だったのでしょうね。

あまり突っ込むと、ボロがでるのでこの辺にしておきます(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでHighway 61 Revisited - ボブ・ディランをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ボブ・ディラン 追憶のハイウェイ61 ライク・ア・ローリング・ストーン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。