スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ssssh/テン・イヤーズ・アフター

映画「ウッドストック」で、アルヴィン・リーのギターにすっかりまいってしまったのですが、テン・イヤーズ・アフターで最初に手にしたアルバムが、ライブ盤の「UNDEAD」だったので(記事はこちら)、スタジオ録音のアルバムを探しました。
で、手にしたのが、

Ssssh」(夜明けのない朝

Ssssh1969年発表で4枚目ですね。
入手したアルバム自体は、再発の輸入盤です。

細かい時期が分からないのですが、ウッドストックにも出演して絶好調の頃でしょうか。
ジャケットに記載されているこのアルバムの録音が1969年の6月となっていて、実際の発売月は分からないのですが、ウッドストックが1969年8月ですからね。

アルヴィン・リーのギターは相変わらず凄まじいものがありますが、サウンド的にはブルースという感じを通り越して、ハード・ロックに近づいてますね。
激しく、ガツンときます。

どうしてもアルヴィン・リーのギターに耳がいってしまうのですが、このバンドは他のメンバーの演奏も凄いですよね。
個人的に忘れないように、メンバーを記しておくと、
レオ・ライオンズ:ベース
チック・チャーチル:キーボード
リック・リー:ドラムス
レオ・ライオンズの迫力あるベース・ラインが特に印象的です。

A面4曲目の「Good Morning Little Schoolgirl」はあの曲だったんだ、と、最初は気づきませんでした。テン・イヤーズ・アフターのサウンドになってますものね。
それと、B面最後の曲「I Woke Up This Morning」は、これが邦題の「夜明けのない朝」だったんですね。知りませんでした。
なんといっても輸入盤だったので、聴いてすぐには気づかない事が多かったです。

ライブが本領発揮と言われていますが、いやいやなかなかスタジオ盤も迫力あってカッコいいです。

ところで「Ssssh」って何て読むんだろう…。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでテン・イヤーズ・アフターをチェックする。
◆iTunes StoreでSsssh - Ten Years Afterをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : テン・イヤーズ・アフター アルヴィン・リー Ssssh 夜明けのない朝 Ten Years After

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。