スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ice Pickin'/アルバート・コリンズ

何と言っても、アルバート・コリンズは、高校生の時にブルースのライブとして初めて観たブルース・マンですから(詳しくはこちら)、個人的な思い入れもかなりのものなんですよね。

テキサス・凶暴・テレキャス・切り裂き・変則チューニング・超長シールド・ブルースマン(笑)。
ただ歌はちょっと(追笑)。

スタジオ・アルバムをまだ手にしていなかったので、何とか手に入れたいと思っていて、輸入盤で見つけたのが、

Ice Pickin'

Ice Pickin'1978年発表で、アリゲーター・レーベルと契約して、久しぶりに出したアルバムですね。
ここからの活躍で初来日公演につながっていくんですね。

「ギュ、ギュイーーーーン」と、テレキャスから繰り出される、そのギター。

フィンガー・ピッキングによる独特のアタックも相まって、切れ味鋭く、超攻撃的で、何かに取り憑かれたように弾きまくるギターが最高ですね。

ワンパターンという声も聴こえてきそうですが、それも含めてアルバート・コリンズの魅力ですよね。

バックの演奏もタイトでしっかりしているので、変な言い方かもしれませんが、安心して聴いてられます。
アルバート・コリンズも好き放題って感じでしょうか。
(って、どんな時にもこの人のギターは変わらないのでしょうが…)

この人のジャケットには、ギターを持っている姿がよく出てきますが、ストラップをクロスさせず、右肩に掛けてるんですよね。
それとギターのカポタストがいいですねぇ。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでIce Pickin' - アルバート・コリンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : アルバート・コリンズ Ice Pickin'

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
アルバート・コリンズの初日本公演もご覧になっていたのですね
実は私、若い頃はレコード会社勤務でアリゲーターレーベル(だけじゃないですけど)の担当ディレクターでした(汗!)
日本ライブの時も担当でしたよ アルバート・コリンズさんステージとは違ってとても穏やかな紳士でした
が、ライブをご覧になってご存知のように演奏中に弦が切れてしまったりしているので後でスタジオでギターを差し替えたいとおっしゃってとても苦労した思い出もあります
スティーヴィー・レイボーンとかアルバート・コリンズをアイドルとするギタリストは多いですが最高のライブでしたよね

Re: No title

こんにちは、U爺さんさん。
担当ディレクターだったんですか! すごい! うらやまし~!
アルバート・コリンズさんは紳士だったんですね。やはり、ステージ異常興奮体質だったのでしょうか(笑)
アルバート・コリンズさんの初来日ライブは、本当に最高のライブでした。懐かしいです。

U爺さんさんのブログ見させてもらいました。
無茶苦茶、趣味が合いそうで、ちょっと、嬉しくなってしまうくらいです。
これから時々、お邪魔させていただきます。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。