スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The King of Delta Blues Singers/ロバート・ジョンソン

言わずと知れた、伝説のブルースマンの登場です。ロバート・ジョンソン

“十字路で悪魔に魂を売り渡して…”の伝説。
どれだけの影響力なのか、その有名な曲の数々。

ブルースというジャンルの音楽を聴くようになってから、その伝説と影響力の大きさから何とかこの人のアルバムを聴かなければ、とよく探したものでした。

ロバート・ジョンソンのアルバムは2枚リリースされているのは有名な話だったので、どこかにないかと、レコード店をまわるたびに探すんですが、地方にはなかなかなくて…。

見つけた時には本当に感動ものでしたね。
急いで家に帰り、ドキドキしながら針を落としたのを思い出します。

もったいぶる訳ではないですが、このブログの流れで、1枚ずつつぶやきたいと思います。
まずは、1枚目の、

The King of Delta Blues Singers

The King of Delta Blues Singers1961年、Columbiaからリリースされたアルバムですが、手にしたのは「ROCK MANIAX COLLECTION」というシリーズで1981年に出された国内盤です。

針を落とすと、そこから聴こえてくる、一人で演奏しているとは思えないギターと、ちょっと甲高い切なく感情的なヴォーカル。
1曲目の「Crossroads Blues」から身震いしました。
と、調子良く書きましたが、本当は当時はよく分かっていなかったでしょうね。

ただ、なんだかもの凄い世界に足を踏み入れてしまった、という漠然とした印象に包まれていたと思います。
戦前ブルースとしては、入手した初めてのアルバムで、当然ギター1本の弾き語りなんですが、そこから聴こえてくる緊張感溢れる音はやはり衝撃的でしたから。
   
とにかくギターがこんな古い時代なのに(時代は関係ないかもしれませんが)、ものすごいテクニックですよね。
というか単純にカッコいいです。
低音のブギ・パターンのウォーキング・ベースやリズムに合わせて鳴り響くスライドなんかは本当に抜群です。
聴けば聴く程、引き込まれます。
「う~~~ん、これがデルタ・ブルースかぁ」

どの曲もあまりに有名で、改めてここで紹介するまでもないですが、
「Walking Blues」のギター、「Kindhearted Woman Blues」の悲痛なヴォーカル、「Preachin' Blues」のスピード感ある演奏等々、今聴いてもゾクッとします。

1990年にコンプリートCDが発売されていますが、その後に発見された「Traveling Riverside Blues」の未発表テイクが、この「The King of Delta Blues Singers」のCDの方には収録されているんですね。
う~ん、そうなのか…。

次回、続けてロバート・ジョンソンについて、つぶやきます。
(→「The King of Delta Blues Singers,Vol.2/ロバート・ジョンソン」)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでKing of the Delta Blues Singers - ロバート・ジョンソンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ロバート・ジョンソン The King of Delta Blues Singers デルタ・ブルース Robert Johnson

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。