スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The King of Delta Blues Singers,Vol.2/ロバート・ジョンソン

前回に続いて、ロバート・ジョンソンです。
当時リリースされていた2枚のうち、片方しか手にしていないのは、何とも悔しいので(笑)、やはり探しました。

The King of Delta Blues Singers,Vol.2

The King of Delta Blues Singers,Vol.21970年、Columbiaからリリースされたアルバムで、手にしたのは輸入盤の中古です。
前回の1枚目と併せて、これが当時聴く事の出来たロバート・ジョンソンの全曲でした。

これらの世に残ったレコーディング曲はどれもブルースの名曲で、後に様々なミュージシャンによってカバーされている曲ばかりですね。

この“Vol.2”では「I Believe I'll Dust My Broom」や「Sweet Home Chicago」等を聴く事が出来ます。
「Love In Vain」なんか、なんて言うか、美しいです。
(結局、どの曲も有名なんですけどね)

ただ、「They're Red Hot」や「From Four Till Late」なんかを聴くと、ブルースに限らず幅広い音楽性も感じられます。
あちこちで演奏して回るのに、様々な音楽を身につけていたようですね。

今でこそ顔写真がありますが、手に入れた当時はまだ写真もなかったので、ジャケットのイラストとレコードから流れてくるこれらのブルースを聴きながら、ぼんやりと本人を頭の中でイメージするしかないという、まさに伝説、という状態でした。

中途半端な解説はボロがでるので、そこら辺は書籍等もいっぱい出ているので、そちらを参照してもらう事にして、基本情報を個人的な記録として書き留めておきます。


1911年、ミシシッピ州ヘイズルハースト生まれ。
1936年11月、テキサス州サンアントニオで初めてのレコーディング・セッションに行い、3日間で16曲をレコーディング。
1937年6月、2度目のレコーディングのためにダラスに行き、13曲をレコーディング。
彼が生涯に残したレコーディングは、この29曲(42テイク)のみ。
1938年8月、27歳で死去。
演奏先の雇い主の女房に手を出し、ウィスキーに毒を盛られたというのが一般的に言われていますが、はっきりはしていないようですね。

本を読んだりでしかうかがうことが出来ないのですが、当時はかなり人気のあったプロのミュージシャンだったんですよね。
ライブのアルバムがある訳ではないので、思いを馳せるのみです。

正真正銘、伝説のブルースマンですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでKing of the Delta Blues Singers, Vol. 2 - ロバート・ジョンソンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ロバート・ジョンソン The King of Delta Blues Singers,Vol.2 デルタ・ブルース Robert Johnson

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。