スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Complete Recordings/ロバート・ジョンソン

このブログでは、タイトルの通りアナログレコードについて書いていますが、話のついでにロバート・ジョンソンのコンプリートCDについてです。

当時は、かなり熱心にブルースを聴いていたので、ロバート・ジョンソンのコンプリートCDが出ると聞いて飛びつきました。

The Complete Recordings

The Complete Recordings1990年発売ですが、このちょっと前に、それまでまったく謎だったロバート・ジョンソンの写真が2枚続けて公開されて大きな話題になっていましたね。
買ったのは国内盤です。

前編でも書きましたが、後に「Traveling Riverside Blues」の未発表テイクが発見され、「The King of Delta Blues Singers」のCD化の際に追加収録されたので、コンプリートでなくなってしまったようですが…。

それでも、当時として存在が確認されていた、全29曲の41テイクが収録されている上、頁数で言うと124頁にもなる解説書がついていて、専門家でもない、ただのブルース好きには十分過ぎるくらいの内容で、ロバート・ジョンソンという伝説の人物にちょっとだけ近づけた気がします。
(ですから、解説書を読むためにも輸入盤ではダメだったんですよね)

ちなみに、当時こんな本も出されていて、読んだりもしました。

ロバート・ジョンソン~伝説的ブルーズマンの生涯
ピーター・ギュラルニック著/三井 徹訳

ロバート・ジョンソン~伝説的ブルーズマンの生涯もとは1989年発行で、日本では1991年に発行されたものです。
内容的には頁数は少ないけど、様々なインタビューや調査を丁寧にまとめた、評伝としてとても分かりやすく読みやすい本で、ロバート・ジョンソン本人のことはもちろん、当時の様子やミュージシャンどうしの繋がりを知るのにも随分と役立ちました。

この本や先の解説書を読んでいてもそうなんですが、ロバート・ジョンソンを追いかけていると、覚えられないくらいに、次々とブルースマンの名前が出てきて、これは大変です。

ミシシッピ・デルタ・ブルースの始祖、チャーリー・パットンやサン・ハウス。
それに続く、マディにハウリン・ウルフ。
ロバート・ジョンソンと特に関わりの深い、ロバート・ジュニア・ロックウッドやジョニー・シャインズ、等々。

奥が深い、深過ぎるブルースの世界ですね。

 

※今回、本ブログのロバート・ジョンソンの記事3本を書くにあたり、事実関係の確認の為に上記の「ロバート・ジョンソン~伝説的ブルーズマンの生涯」やCDの解説書を参考にさせてもらいました。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、所有のものと同じものとは限らないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Complete Recordings (41 Tracks) - ロバート・ジョンソンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ロバート・ジョンソン The Complete Recordings ロバート・ジョンソンの本 Robert Johnson

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。