スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・フォガティのソロ〜センターフィールド

個人的な記録として購入時期も書いているものの、かなり曖昧になってきていますが、そろそろ学生時代の話です。

で、今回登場するのはジョン・フォガティのソロ・アルバムです。

音楽を聴きだした頃は、既にCCRは歴史的バンドという認識でした。
CCRのアルバムは「ライブ・イン・ヨーロッパ」しか持っていなかったのですが(記事はこちら)、有名な曲の数々をあちこちで集めるように聴いていました。

そんな時に、思いがけずジョン・フォガティのソロ・アルバム発表のニュース。
「え~~~!」
ということで、新譜で手に入れられるのが嬉しくて、すぐに購入しました。

センターフィールド」(Centerfield

センターフィールド1985年発表ですが、実際、本人は随分久しぶりに表舞台に出てきたんですね。
(良かったです、このタイミングで聴く事が出来て)

ただ、そのサウンドは変わらぬ、CCRを彷彿させるサウンドで、聴いた時にはちょっと「ニヤッ」としました。
タイトル曲とかまさに、「これだ~」って感じですよね(笑)。

変わらなすぎて、聴いた時は、今の時代に受け入れられるのだろうかと思うところもあったのですが、かなり売れたようですね。
(ビルボードの1位を獲得しているそうな。凄い…)

相変わらず、ブルース、R&B、カントリーとアメリカン・ルーツ・ミュージックを感じさせる、南部の香りのする土臭いストレートなロックを聴かせてくれていますし、シャウト気味のヴォーカルも健在でしたしね。

今なお、精力的に活動していて、アメリカでは、もの凄く愛されているミュージシャンのようですね。

さすがです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでCenterfield - 25th Anniversary - ジョンフォガーティをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョン・フォガティ センターフィールド CCR

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。